> Propellerheads

Propellerheads

(プロペラヘッズ)

ノーマン・クック(ファットボーイ・スリム)がケミカル・ブラザーズに触発される形で興した“ビッグ・ビート”なる狂騒的ダンス・ムーヴメントは、多くのブレイク・ビーツ・アーティストが世に出るきっかけをつくった。そして、アレックス・ギフォードとウィル・ホワイトによるプロペラヘッズも少なからずその恩恵に与っているユニットだといえる。
98年にUKの新鋭ダンス・レーベル、<ウォール・オブ・サウンド>から1stアルバム『デッキスアンドラムスアンドロックアンドロール』をリリース。正確無比なドラミングと、地を這うようにブイブイいってるベース・サウンドが繰り出すブレイク・ビーツは、UKのみならずアメリカでも人気を博した。———ビッグ・ビートがはらみがちな「やりすぎ」という危険に陥ることなく、無駄なギミックを一切省いたプロダクションは、クールな知性をひしひしと感じさせる。さらに、シャーリー・バッシーやジャングル・ブラザーズなどの起用からは、他のアーティストとの分別化を図る試行錯誤の結果をうかがうこともできる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版