> Propaganda

Propaganda

(プロパガンダ)

ドイツ出身の男2女2の4人組。クラウディア・ブラッケンをフロント・ヴォーカリストに、83年にトレヴァー・ホーン主宰の<ZTTレーベル>からデビューを果たす。アルバム発売はやや遅れて85年となったが、シングル・カットされた「Secret Wish」は日本でもクラブ・ヒットし、派手なシンセ・イントロのせいか何故か陽気なユーロ・ビートと同系列でプレイされることもあった(未だに謎)。
重厚なエレ・サウンドとゴシック調の歌詞でそれなりのポジションを確立したプロパガンダだが、ZTTとは版権問題がこじれ契約破棄、バンドは活動停止状態に——。その後クラウディアはソロでハウス・サウンドへと移行し、バンドはアメリカ人のベッツィ・ミラーを迎え活動再開。新生メンバーでアルバム『1234』(90年)、『Love And A Million Other Things』(91年/元ジャパンのスティーヴ・ジャンセンも参加)を発表しているが、全盛期の毒っ気はまるでなく、FM向きの油抜きしたようなポップ・サウンドへと転換してしまったのは、ちょっと(いや、かなり)残念。とりあえず80年代と90年代のプロパガンダはまったく別モノと認識しておいたほうがいいでしょう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版