> Prong

Prong

(プロング)

スワンズ中期のドラマー、テッド・パーソンズが中心になって85年に結成されたトリオが、プロングである。スワンズは、後のデス・メタルやインダストリアル・メタルに大きな影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンドの伝説的カルト・バンドだが、プロングはスワンズ特有のオブセッションに満ちたヘヴィ・ジャンク・サウンドを、スラッシュ・メタル/ハードコア以降のサウンド・プロダクツに沿ってアダプトしたようなサウンドは、現在のヘヴィ・ロック・シーンの成立に直接的に影響を与え、いわばそのプロト・タイプとなった。
87年にアルバム・デビューしたプロングは、90年の3作目『Beg to Differ』でメジャーの<エピック>と契約。元キリング・ジョークのポール・レイヴンを新ベーシストに迎え、パンテラで知られるテリー・デイトをプロデューサーに迎えた5作目『Cleansing』(94年)で、頂点に達する。エッジの効いたザクザクと刻まれるヘヴィなギター・リフと、ソリッドなリズムを叩きつけるドラムスのコンビネーションは完璧で、とことんヘヴィでアグレッシヴだが、どこかで醒めたクールネスを感じさせる音楽性はすぐれて現代的であり、進化したヘヴィ・ロックの見事なサンプルだった。また数々の先鋭的アーティストがリミックスしたシングルも、彼らの先進性をよくあらわしている。
しかし思うような商業的成功を収められずバンドは96年の6作目『Rude Awakening』を最後に解散してしまう。その後テッド・パーソンズはイギリスのインダストリアル・バンド、ゴッドフレッシュに加わり、ヴォーカル/ギターのトミー・ヴィクターは、ダンジグのツアーなどに参加している。 (小野島 大)

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版