> Peter Frampton

Peter Frampton

(ピーター・フランプトン)

全世界で1000万枚のセールスを記録した『Frampton Comes Alive』(76年)で、ロック史上にその名を残したピーター・フランプトン。甘いマスクと華麗なギター・ワークで一世を風靡する。
60年代の英国のアイドル・バンド、ハードに始まり、スティーヴ・マリオットとのハンプル・パイを経て72年に独立。以後、ソロ・アーティストとして着実な活動を続け、前述の集大成的なライヴ盤(アナログでは2枚組)『Frampton Comes Alive』の爆発的ヒットで、一躍スターダムへ……。70年代ロックの熱気が封印されているこのアルバムから、トーキング・モジュレーターが印象的な「Show me the way」、ウィル・トゥ・パワーやビッグ・マウンテンのカヴァー・ヒットでもお馴染み「Baby,I Love Your Way」、他にも「Do You Feel Like We Do」といった3曲の特大シングル・ヒットが生まれた。
80年代にはその人気は下降線を辿るが、90年代に入ると『Frampton Comes Alive II』をリリースするなど、昔と変わらないギター・プレイで今もオールド・ファンを喜ばせている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版