> Pete Rock

Pete Rock

(ピート・ロック)

ピート・ロックのサウンド・プロダクションにおける品質は、ヒップホップ・シーンのなかでは間違いなくトップ・クラスだ。そんな彼へのプロデュース/リミックス・ワークの依頼は絶えることなく、彼が今まで果たしてきた作品を挙げ出したらキリがないほど。そんなピート・ロックの音の特色はソウル/ジャズ・サンプリングである。彼は多彩な音源からネタ感を強く残しつつサンプリングし、そこにディレイなどの効果を施して奥行きのあるサウンドスケープを仕立てていく。そしてなによりも、練られた構成のループの展開により類まれな“黒い”質感を生み出すのだ。また、フィルターやイコライジングを駆使することで、芯の太い厚みのあるビートを創り出していることも、彼の音の特徴として挙げられるだろう。
98年にアルバム『ソウル・サヴァイヴァー』をリリースしたピート・ロックは、ソウル・フレイヴァ溢れるサウンドを展開しファンを唸らせた。その後も実弟グラップ・ラヴァを含むINI、ディーダ(双方のアルバムは<BBE>から03年にようやく正規リリース)などを自身のレーベル<SOUL BROTHER>において育成したり、04年に久しぶりのソロ作『ソウル・サヴァイヴァー2』をリリースするなど、枯れることのないクリエイティヴィティと元祖ジャジー・トラック・メイカーの威厳を世間に広く見せつけた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版