> PENPALS

PENPALS

(ペンパルズ)

PENPALSは96年に、上条欽也(vo&dr)、盛也(vo&g)の兄弟と林宗應(vo&b)によって結成。当初から、USオルタナティヴを血肉化したような楽曲と、暴発寸前のライヴ・パフォーマンスで熱い支持を集めていた。97年に入りアルバム『PENPALS』でメジャー・デビュー。その後シングル「テル・ミー・ホワイ」のスマッシュ・ヒットを経て発表された、2ndアルバム『アメリカマン』は、98年ギターロック・シーンのマスター・ピースと称される。また、ブラフマンやハスキング・ビーとの交流、激しいライヴ・サーキットで揉まれた経験から、グルーヴやスピード感が大幅にグレード・アップされていく。そして彼ら最大の魅力は、破壊力のある楽曲そのものだ。エッジの効いたヘヴィ級のギターが津波のように押し寄せ、ドラムとベースのタイトなリズムがマシンガンのごとく繰り出される。それはまさに、聴く者に肉弾戦を強いるかのようだ。しかし、そんなハードなイメージに反して、メロディのテイストはポップ。——このギャップがあるからこそ、PENPALSは平凡なラウド・バンドの範疇ではおさまらないのだろう。最近では、ヤングパンチとのスプリット・シングルを発表、さらにドラゴン・アッシュがオーガナイズするイベントTMCへの参加など、活動の幅をさらに広げている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版