> Pee Wee Crayton

Pee Wee Crayton

(ピー・ウィー・クレイトン)

Tボーン・ウォーカー・フォロワーとして有名だが、その人気は本家を上回るものがあったというピー・ウィー・クレイトン。そのハイライトといえば40年代から50年代にかけての<モダン>時代。攻撃的だがジャズ的繊細さと小粋さを兼ね備えたギター・プレイをフィーチャーした「Blues After Hours」「Texas Hop」など、現在ではスタンダードとなっているインスト・ヒットを数多く放った。その後もニューオリンズやシカゴで録音をおこない、<インペリアル>や<ヴァンガード>に数多く作品を残している。
頼りなさげな歌も愛嬌にしてしまうヘタウマ・ブルースの代表格だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版