> Paulina Rubio

Paulina Rubio

(パウリナ・ルビオ)

メキシコで幼少時代より女優、アイドルとして活躍していたパウリナ・ルビオ(彼女の母はメキシコを代表する大女優スサナ・ドサマンテス)。10代で当時メキシコを一世風靡した人気アイドル・グループ、ティンビリッチェのメンバーとして活動し、20歳で卒業すると同時にソロに転向。92年にソロ第1弾アルバム『ラ・チカ・ドラーダ』を発表する。01年にリリースしたアルバム『パウリナ』はスペイン語アルバムながらラテン文化圏で400万枚の売上を記録。02年にはキッスのカヴァー「ラヴィン・ユー・ベイビー」も収録したアルバム『ボーダー・ガール』で世界デビューを果たし、ラテン・ダンス・ポップの歌姫として人気を博している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版