>  >  >  > Aaron Copland

Aaron Copland

(アーロン・コープランド)

現代アメリカを代表する作曲家/指揮者。ユダヤ系ロシア人を両親として、ブルックリンに生まれた。音楽的な環境ではなかったが、15歳で作曲家を志し、ピアノのレッスンをうけるようになる。高校卒業後はショパン、ワーグナー、スクリャービンなどに傾倒、フランスに留学してからはブランジェ女史から影響を受けるとともに、才能も認められた。女史の渡米の際に「オルガンと管弦楽のための交響曲」を初演したことで、アメリカの楽壇から注目されるようになり、次々と作品を発表するたびに評価が高まった。
初期の作品には近代フランス的な作風が見られたが、インディアン、黒人、開拓時代からの音楽を基礎とするアメリカ的個性へと徐々に移行——。オペラ/バレエ/管弦楽曲/室内楽曲など、幅広い分野に作品を残している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版