> Paul Gilbert

Paul Gilbert

(ポール・ギルバート)

超高速ギター・プレイで有名な元ミスター・ビッグのギタリスト。一時期は住居を構えたほどの日本びいきであり、米国での過小評価とは裏腹にここ日本では絶大な人気を誇る。
弱冠15歳にして、速弾きギタリスト発掘人、マイク・ヴァーニーによって見出されたポールは、86年にレーサーXを結成し超絶技巧を駆使したギター・プレイでシーンに衝撃を与える。その後、88年からはミスター・ビッグの一員として活躍。ここで成功を収め、その名は広く知れ渡ることになった。そしてグループ活動休止を機にソロに転じ、初のソロ・アルバム『King of Clubs』を発表。99年にはミスター・ビッグを正式脱退し、本格的な活動を開始、レーサーXの再結成などを挟みつつ、現在までに発表されたソロ作は5枚を数える。どの作品もギタリスト・エゴに終わらず、ビートルズやトッド・ラングレンから影響を受けたキャッチーなフックを備える楽曲とフラッシーなギター・プレイを両輪にした、贅沢な音楽性でリスナーを楽しませてくれる。”日本”の洋楽アーティストとして頑張って欲しい。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版