>  >  >  > Ornette Coleman

Ornette Coleman

(オーネット・コールマン)

ジャズの背教者・レジスタンスであるオーネット・コールマン。彼は、確固たる姿勢で全く独自のアプローチでインプロヴィゼーションを展開し、それまでのビーバップのハーモニーのルールを粉々にしてしまった。コールマン曰く、 音楽はしゃべることに似ている のだそうだ。そして、バンドは会話のようだとも言う。彼のピアノ抜きのカルテットのメンバーは、あらかじめ決まりのない自然な音の言葉を発し、ダイレクトに他のミュージシャンに音で応えるのだ。こうした制約のないスタイルはそれまでのジャズ界の体制を混乱させたが、コールマンの音楽はひたすら美しかった。彼のホーンはヒリヒリするような、それでいて叙情的な叫び声を発し、同時に万華鏡でいくつもに屈折したビーバップのようなラインを聴かせる。彼の詩に表現される喜びや苦悩、イタズラっぽいユーモアは、時に1つの曲の中にこれだけの感情が描かれることもある。素晴らしいカルテットでのアルバムの他に、コールマンは実験的な音楽でも広く知られている。革命的な60年録音の「フリー・ジャズ」は2つのカルテット(それぞれホーン2人、ベースとドラム)が参加し、何と一斉にインプロヴィゼーションを聴かせるのだ! 75年、コールマンは自らの音楽革命 harmolodicsをロック・バンドで実践し、プライム・タイムというグループを結成。プライム・タイムは今も健在である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版