>  >  >  > Orlando Voorn

Orlando Voorn

(オーランド・ヴォールン)

すわーっ! ド変態〜っっ!! アムステルダムのテクノ超人、オーランド・ヴォールン。デトロイト・テクノ/シカゴ・ハウス直系のファンキー・テクノを構築する彼は、13歳からドラムを叩き、世界的に有名なDJコンテスト<DMC>に参加した経歴をもつ(80年代はヒップホップを作曲)。
ケビン・サンダーソンのレーベル<KMS>より発表した、FIX名義「Flash/Dope Computer」(92年)で、恐るべき電子発狂音を初披露。Living Room/Defence/Progress/Frequency/Baruka/The Nighttripper/Basic Bastard/Complex/Stalkerなど、幾多の名義でも感涙モノの大傑作を残す。さらに、ブレイク・バクスターとのユニットGhetto Brothers、ホアン・アトキンスによる変名Infinitiの「Game One」(94年)にも共同プロデューサーとして参加し、驚異的な手腕を発揮。コラボレーションの相手から分かる通り、デトロイト・シーンとの交流がとても深い。
彼の生み出すトラックは、リズムの完璧さもさることながら、魔術的なフレーズとメロディが絶品。BOY名義の「In Da Jungle」(97年)では、野性的な奇抜いシンセをブリブリとウネらせてくれました。——ハッ! 駄作が一切あらへんがな!!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版