>  >  >  > Oliver Liebの情報

Oliver Liebの情報

(オリヴァー・リーブ)

90年代前期に盛り上がったジャーマン・トランス・テクノ。そのシーンにおいて中心的な存在だった<Harthouse><Superstition>レーベルで、絶大な人気を博したユニットSpicelab、LSG、Ambushを牽引していたのがオリバー・リーブである。当時のすべてのトランス・テクノ・リスナーは、彼の恩恵を受けたことだろう。——Spicelabのアルバム『Lost In Spice』の裏に記されていた機材リストには、数多くのアナログ・シンセの名機が掲げられ、テクノ少年たちのハートをガッチリと掴んだ。LSGの「Fragile」は、日本においても、電気グルーヴのラジオ番組でプレイされたことにより大ヒットを記録。Ambushは、原始的なトライバル・パーカッションのサンプリングを導入するという斬新なアイディアで、トランス・テクノにさらなる高揚感を生み出した。しかも、平均7分、最高18分にも及ぶ楽曲は、最近主流のミニマル・テクノとは異なり、その一曲のなかで完結されるドラマがあったのだ。——だが、その後のミニマル・テクノ台頭と共にトランス・テクノは急速に衰退。それに伴い、オリバー・リーブの新曲を耳にすることはなくなってしまう。
しかし、安否を気遣っていた方はご安心を。彼はアメリカを中心に現在も活動中です。テンポは緩く、音数は少なく、ビートも現代風に重くなりましたが、輝かしいあの時代に披露してくれた見事なセンスはまったく失われていません。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版