>  >  >  > Octave One

Octave One

(オクターヴ・ワン)

デトロイト・テクノに新たな歴史を刻み続ける陰の立役者、オクターヴ・ワンことバーデン3兄弟(長男・ローレンス/次男・レニー/三男・リーネル)。”デトロイト・テクノとは何ぞ?”と疑問を持たれている方へ真っ先に紹介したいグループです。
彼らは、イギリスにデトロイト旋風を巻き起こしたコンピレーション・アルバム『Techno! The New Dance Sound Of Detroit』(88年)に収録された「I Believe」でデビュー。これは今や、ホアン・アトキンスの「No’ Ufos」、デリック・メイの「Strings Of Life」と並び称される古典として挙げられる。その後も、秀作を続々と発表。なかでも、マッド・マイクとの共作「Aztlan/Daystar Rising」における、太古と宇宙への想いを馳せたロマンティシズム溢れる電子音響は必聴です。
そして00年、テクノのみならずハウス/トランス界でも一大フロア・アンセムとなったDJロランド「Jaguer」のリミックスに、デリック・メイ/マッド・マイク/ジェフ・ミルズと共に参加し、ベテランとしての気概と風格を堂々披露。とりあえず、ベスト・アルバム『The Collective』の優雅で強靱な精神を宿した楽曲群を聴けば、オクターヴ・ワンこそがデトロイト・テクノの真髄であることが分かって頂けるでしょう。彼らが主宰する<430 West>レーベルは、全タイトル必須科目っス!
レニーとローレンスは、別名義Random Noise Generationでも活躍。そして、最近になってKaotic Special Rhythmsの正体は五男のローン・バーデンで、四男・ランスもレコーディングに参加していることが発覚しました。実はテクノ5兄弟だったのね〜!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版