>  >  >  > O.C.の情報

O.C.の情報

(オー・シー)

最もタイトなMCのひとりであるにも関わらず、未だ正当な評価を受けていない。オマー・クレイドルが初めてシーンに登場したのは、91年、オーガナイズド・コンフュージョンの「Fudge Pudge」においてである。94年のファースト・ソロ・アルバム『ワード…ライフ』では、ロード・フィネスらがファンキーなビートを提供し、スムースなストーリーテリングと鮮やかなイメージを掻き立てる豊かなライムがたっぷり詰まった傑作となった。続く97年の『Jewelz』では、さらに成長した姿が見れる。プレミアやフィネス、ダ・ビートマイナーズら強力な布陣によるトップ・クウォリティのプロダクションに、OCの内省的なライムが聴く者の感性を呼び覚ます。ソロ・アーティスト、DITCのメンバーとして、未だに質の高い詩を生み出している。マイクによる彼の偉業は、次世代のMC達に大きな影響を与えているのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版