>  >  >  > 辻井伸行

辻井伸行

(ツジイノブユキ)

1988年東京生まれ。生まれながらにして全盲という環境に育ちながらも、幼い頃からピアノに興味を持ち、早くからその才能を開花させた。
1995年7歳で「全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部」第1位受賞。99年11歳で全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞。
2000年12歳で、第1回ソロ・リサイタルをサントリーホール小ホールで行い、翌年第2回のソロ・リサイタルを開催。この他に神戸音楽祭に出演するなど日本各地でコンサート活動を行う。

2002年に「佐渡裕ヤングピープルズ・コンサート」に出演。同年、パリで佐渡裕指揮、ラムルー管弦楽団とも共演した。
これまでに読売日本交響楽団、東京交響楽団の定期演奏会に出演したほか、海外での活動も行っており、カーネギーホールにてアメリカ・デビュー。ロシア(モスクワ音楽院大ホール)、チェコ、台湾などでも演奏。
2005年10月、ワルシャワで行われた第15回ショパン国際ピアノコンクールにて 「批評家賞」を受賞。
2009年6月、世界的コンクールとして名高い「第13回ヴァンクライバーン国際ピアノコンクール」で優勝。1962年の開始以来初の日本人優勝者となり、この受賞によって世界的トップ・ピアニストの仲間入りを果たした。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版