>  >  >  > Nivea

Nivea

(ニベア)

ミスティカルのキャリア最大のヒット・ナンバーといえば多分「デンジャー」だろう。この曲には、彼のガナリ声の合間に優しさと清涼感のあるキュートな歌声が挿入してあった。その素晴らしい声の持ち主がニヴェアだ。
82年、アトランタに生まれたニヴェアは、両親ともにミュージシャンという音楽一家に育った。事実歌うことは食事をすることよりも好きだったとか。そんな彼女が高校生の頃、たまたまクワイアで歌っているところを見かけた音楽業界関係者が、歌うニヴェアの姿に「特別な才能」を感じ、アタックをかけた。——彼女のシンガーとしての歴史が始まったのである。
プロフェッショナル・シンガーとなったニヴェアは、アトランタ・ベースで、前述の「デンジャー」を含む数多くの客演をこなしていく。すると世間に「伸びやかな美声と不世出の表現力を持つキュートな才媛」というイメージが定着、その後まさに満を持してデビュー・アルバム『ニヴェア』(02年。日本盤は03年)をリリースした。ちなみにこの作品ではR・ケリーらが強力なバック・アップを見せている。
そして05年4月、ニヴェアは2枚目のアルバム『コンプリケイテッド』(リル・ジョンの本気汁が弾け飛ぶ「オーケイ」が先行リリースされている。クランク&B!)をリリースする。ここで見せる彼女の歌唱力は前述の『ニヴェア』よりも、さらに自由で伸びやかに、さらに表情豊かに、多彩にキュートに煌びやかに……。いくつもの進化の証を見ることができる。それはプライヴェートでの大きな転機(結婚、妊娠)を迎えることでなしえた成長の一端なのかもしれない。
その後<JIVE>を離れた彼女は、自ら立ち上げたレーベル<Spark-One Entertainment>より、旦那であるThe Dreamと共に作り上げた3rdアルバム『アニマリスティック』(06年)をリリースしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版