>  >  >  > ナオト・インティライミの情報

ナオト・インティライミの情報

(ナオト・インティライミ)

1979年8月15日、三重県生まれ、千葉県育ち。中学時代から曲作りを始め、大学生時代には柏市でストリートでライヴを行う。2003年8月より世界29ヵ所を515日間かけて一人で渡り歩き、各地でライヴを行うなど、世界の音楽と文化を体感する“世界一蹴の旅”を経験。帰国後の2005年、ナオト・インティライミ名義で活動をスタートさせる。“インティライミ”とは、南米・インカのケチュア語で“太陽のお祭り”という意味を持つ。ナオト・インティライミとしてのソロ活動の他、Mr.Childrenのツアーにもサポートメンバーとして帯同。2010年4月、メジャーデビューシングル「カーニバる?」をリリースし、翌月の5月に発表した2ndシングル「タカラモノ 〜この声がなくなるまで〜」が累計80万ダウンロードを超えるロングヒットを記録。同年7月に1st アルバム『Shall we travel??』をリリースし、12月には男性ソロシンガーとしては今世紀最速となるメジャーデビュー8ヶ月で開催した日本武道館公演をソールドアウトさせた。2011年5月にリリースした2ndアルバム『ADVENTURE』がオリコン初登場3位にランクインし、2012年4月にリリースした3rdアルバム『風歌キャラバン』は自身初となるオリコン初登場1位を記録。2012年の大晦日には『NHK紅白歌合戦』に出演し、その人懐こいキャラクターとポジティブでポップな楽曲から、まさに“お祭り男”としてお茶の間にも知られる存在となった。

ナオト・インティライミの記事
乃木坂46、KREVA、JUJU、ドリカムも……“記念日協会”が認定したアーティストの「記念日」を探る
AKB48 島崎遥香、TOKIOの“推しメン”熱く語る「オールバックの時がもっと良かった」
ナオト・インティライミ、映画『モンスト』主題歌MVで自身の“夢のありか”を辿る
ナオト・インティライミ、新シングル『夢のありか』ビジュアル公開映画『モンスト』盤はグッズ付き
AKB48 柏木由紀は大の風呂嫌い? 渡辺麻友「クリスマスから年明けまで入らなかったらしい」
KinKi Kids 堂本光一、HKT48新センター松岡はなについて「我々の娘でもおかしくない……」
“新・胸キュンソング王”ナオト・インティライミ 『Overflows〜言葉にできなくて〜』配信が好調な理由
『ap bank fes 2016』第4弾出演アーティスト発表 ミスチル、ナオト、Salyu、大森靖子ら12組
欅坂46の14歳センター、平手友梨奈にタモリ驚愕「3~4年前まではランドセル背負ってたんだよね……」
ナオト・インティライミ、“一緒に創った”「未来へ」MV第1弾公開 家族の温もり感じる作品に
ナオト・インティライミ、新曲MV公開 「アナタの明日の一歩が少しでも軽くなったら嬉しい」
ミスチル、Superfly、ブルエン……スポーツの名シーンを彩るテーマソングの特徴は?
ミスチル桜井、同期ウルフルズとの出会いを語る「ライブハウスの店長に見に行けと言われて…」
『a-nation stadium fes.』にBIGBANG、三代目 J Soul Brothers、浜崎あゆみら15組の出演決定
ナオト・インティライミはなぜ愛される? “太陽のお祭り男”のアーティスト性に迫る
ナオト・インティライミ、初ベストアルバムTV SPOTに堤真一、尾野真千子出演
ナオト・インティライミの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版