>  >  >  > ナンシー梅木の情報

ナンシー梅木の情報

(ナンシー・ウメキ)

我が国初の本格女性ジャズ・シンガー、ナンシー梅木。少し鼻にかけたハスキー・ヴォイスで、哀愁を帯びたタル〜い雰囲気を醸し出し、戦後の日本のみならずハリウッドでも大成功を収めた人物である。
兄が進駐軍にいた関係で米兵が頻繁に家を訪れ、幼少時よりアメリカン・ポピュラー・ソングに興味をもっていた梅木は、48年、角田孝シックスへの参加でプロ活動を開始。米軍キャンプを中心に多くのステージを踏み、55年にアメリカへと発った。クラブで歌うかたわらTV番組『ジョセフィン・ベイカー・ショウ』に出演するなど、さまざまな活動を通して徐々に名前を売っていく彼女。そして、57年のハリウッド映画『サヨナラ』で"かつみ"役を演じ、東洋人初のオスカー助演女優賞を獲得したのだ。また、主役を務めたブロードウェイ・ミュージカル『フラワー・ドラム・ソング』は絶賛を浴び、映画化も果たす。——戦後という厳しい状況下、アメリカン・ドリームを体現した彼女に畏敬の念を抱いてやまない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版