>  >  >  > Muse

Muse

(ミューズ)

ミューズ———全能の神ゼウスの娘で芸術・学問を司る女神。なんと大それた名前だろう。
99年にジョン・レッキー(レディオヘッド、ストーン・ローゼスなど)をプロデュースに迎えたデビュー・アルバム『ショウビズ』をリリース。ビッグ・ネームの順調ぶりに落ち着いてしまった感のあるUKシーンに、「ピチピチの新人入荷!!」的な衝撃を振り撒いた彼らは、それまで瞬殺されてきた多くの新人バンドとは一線を画する風格さえ感じさせた。
若いながらにめちゃウマなテク、スペイン音楽から得た哀感たっぷりのメロ、トム・ヨークとジェフ・バックリィを彷彿させる凛然としたヴォイス……といったもろもろの要素は、言いがかりのつけようもないほど完成度が高い。そして、改造ギターが鳴らすメタル・サウンドが激情を代弁しているかと思えば、繊細なピアノの旋律がうすら悲しい風情をかもし出したりする。———リスナーはもう圧倒されるしかないのだ。
01年に入り、メタリックなギター・サウンドが暴走するドラマチックな展開をみせる新シングル「プラグ・イン・ベイビー」をリリース。同年、否が応にも膨らむ次作への期待を裏切ることなく、壮大なスケールとエモーショナルを持った2ndアルバム『オリジン・オブ・シンメトリー』を発表する。続く03年リリースの3rdアルバム『アブソルーション』では、3ピース・バンドでの限界を越えた、分厚く、へヴィかつドラマチックなサウンドを展開。さらに06年には、彼らの目標である“ロックでエモーショナルを、ドラマティックをどこまで表現できるか”が、さらに研ぎ澄まされた4thアルバム『ブラック・ホールズ・アンド・リベレーションズ』を発表している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版