>  >  >  > Murray Perahiaの情報

Murray Perahiaの情報

(マレイ・ペライア)

マレイ・ペライアは、タッチの美しさやリズムの軽やかさ、潤い豊かでかつ華やかな音楽表現など、聴き手を虜にする魅力にあふれている。
1947年ニューヨーク生まれ。4歳からピアノを始め、66年にニューヨークのマンズ音楽学校へ入学、ピアノと指揮を学んだほか、ホルショフスキーにも師事している。マールボロ音楽祭に参加し、カザルスやゼルキンとも交流を持った。72年のリーズ国際ピアノ・コンクールにてアメリカ人として初めての優勝を飾り、その後は国際的に演奏活動や録音活動を開始。75年から9年の歳月をかけ、自身の指揮でモーツァルトのピアノ協奏曲全曲録音に挑戦している。また85年にはベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲録音を果たし、双方とも若々しい感覚的な演奏で高い評価を受けた。
純粋な確固たる芯をもっているペライアは、今後年齢を重ねていっても演奏スタイルは変わることなく、どのような場面においても揺るぎない彼の世界を聴かせてくれることだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版