>  >  >  > Mose Allison

Mose Allison

(モーズ・アリソン)

モーズ・アリソンはバップの影響を受けた優れたピアニストであり、快い繊細な声の持ち主であると同時に、一流の作曲家/演奏家としても活躍した。彼は南部の気取らない素朴さと都会的な洗練さを混ぜ合わせたカクテルは、まるでマティーニにミント・ジュレップを加えたかのような雰囲気をかもし出す。特定のカテゴリにうまく分類されることないまま、その音楽活動は既に何10年も続いている。また、彼は(非常に)白人っぽいブルーズマンであり、繊細なシンガー・ソングライター好きの人々にはちょっとそのユーモア感覚が辛辣すぎるきらいがあり、スタン・ゲッツと共演してそのキャリアをスタートさせた割には、多くのジャズ・ファンからは コマーシャル 過ぎると思われている。しかし、幸運なことにトム・ウェイツ、ピート・タウンゼント、ボニー・レイット、そしてとりわけヴァン・モリソン(彼は最近アリソンの曲ばかりを集めたアルバムを発表している)などといったロック・アーティストたちのおかげでアリソンのポケットには印税が入り続け、その名前は常に大衆の目に触れ続けた。最新作では年老いてからの人生と愛に、ウィットと哀愁を同等に取り混ぜながら取り組んでいる。 年老いてしまうぐらいならその前に死んでしまいたいと思っていたかつてのロック世代が、近いうちにこの歌をこぞって聴くようになることだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版