>  >  >  > Monica

Monica

(モニカ)

アメリカのR&Bシーンにおける、ロー・ティーン・パワーには本当に感心させられる。ブランディ然り、アリーヤ然り。そして、このモニカ——95年、弱冠14歳にして「ドント・テイク・イット・パーソナル」でデビューを果たし、その圧倒的にスキルフルなヴォーカル・ワークをもって大人たちを驚愕させる。同年発表した、1stアルバム『ミス・サング』も耽美な楽曲群を包容する充実した秀作に仕上がり、続けて放たれたシングル・カット曲は軒並みヒットを記録、彼女は一気にシーンの最前線へと躍り出た。彼女の堂々とした歌唱——特に低音から高音、あるいは高音から低音へと揺れ動くヴィブラートの利かせ方はナチュラルでエキサイティングだ。また詞作のなかには10代ならではの、どこか青春テイスト漂う甘酸っぱい雰囲気も随所に織り込ませている。——そういった玄人好みの実力と、ミディアム〜スローを中心とした美メロたっぷりなR&Bサウンドが相まって、リスナーの心をガッチリと掴んだのである。
続く、98年リリースの2nd『ボーイ・イズ・マイン』は少し地味な印象の楽曲を内包し、巷で大きな反響を得ることはできなかったが、モニカのその類希なヴォーカル・ワークは輝きを失ってはいなかった。さらに03年には3rd『アフター・ザ・ストーム』を発表。貫禄を増したヴォーカル・ワークで、シンコペーションするバウンシー&ダンサブルなトラック群を上手く乗りこなして見せた。もちろんしっとり聴かせるミッド〜スロウで、その美しい歌声の真骨頂を示しもしたわけだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版