>  >  >  > ももいろクローバーZの情報

ももいろクローバーZの情報

(モモイロクローバーゼット)

■ももいろクローバーZ(ももいろくろーばーぜっと)
2008年に結成された女性アイドルグループ。メンバーが全員学生のため、週末ヒロインと称して土日を中心に活動している。2010年『行くぜっ!怪盗少女』でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。ひたむきで気迫に満ちたライブパフォーマンスが特徴で、アイドルファン以外からも高く評価されている。

■メンバー
百田夏菜子(ももたかなこ):1994年7月12日生まれ。イメージカラーはレッド。
玉井詩織(たまいしおり):1995年6月4日生まれ。イメージカラーはイエロー。
佐々木彩夏(ささきあやか): 1996年6月11日生まれ。イメージカラーはピンク。
有安杏果(ありやすももか):1995年3月15日生まれ。イメージカラーはグリーン。
高城れに(たかぎれに): 1993年6月21日生まれ。イメージカラーはパープル。

ももいろクローバーZのイメージ画像
ももいろクローバーZの記事
NEWS 手越祐也と加藤シゲアキ、『Mステ』初出演時を振り返る「あの頃はまだ黒い毛が…‥」
『TIF』総合P 濵田俊也氏に訊く、マスメディアがアイドルフェスを手がける理由
ももクロ あーりん、でんぱ組、欅坂、AKB48 Team 8…『TIF』で見逃せないアイドル6組を紹介
岩里祐穂が語る、作詞家としての歩みと矜持「時代を超える言葉を編み出したい」
女性アイドルはなぜ“走る”のか? AKB48、ももクロらの楽曲から考察
AKB48、ゆず、谷村新司、さだまさしがフジ入社式でパフォーマンス 横山由依「一緒に頑張りましょう!」
zoppがももクロ新作で試みた“作詞家の作曲術”「ライバルだった人たちと一緒に仕事ができる」
「死んだら推しに戒名をつけて欲しい…」 中高年向けアイドルレクチャー本の実用性を読み解く
ももクロの強さとバンプ、マンウィズが示したロックの復権 最新チャートからシーンの動向を読む
WaT、『Mステ』で号泣のラストステージ 小池徹平「ウエンツ、いままでありがとう」
「ロックバンド」と「お茶の間」は地続きに? レジーが“フェスから紅白へ”という新潮流を分析
2015年の音楽シーンはどう変容したか? クラムボン・ミト、柴那典、金子厚武が語り尽くす
『FNS歌謡祭』内企画“アイドルコラボメドレー”はなぜ実現? 近年の傾向からその理由を読み解く
『FNS歌謡祭』にてアイドルの垣根を超えたコラボが実現 AKB48渡辺麻友「うれしかったと同時に、できるかなと体力的に不安」
乃木坂46、ももクロ、AKB48……演劇企画が示す「アイドルというジャンル」の特性
SKE48は“外向き”の象徴=松井玲奈の卒業をどう乗り越えるか 『TIF』好演で見せた新境地を読む
動員力と“2016年問題”にみる、アイドルとコンサート会場の関係 鍵を握るのは「地方アリーナクラス」?
Perfumeとももクロ、今の共通点は? 同時チャートインの楽曲から分析
HKT48指原莉乃の冷蔵庫から異臭? 兒玉遥「メンバーの間でも噂になってます」
黒人音楽をめぐるポリティカル・コレクトネスの現在 “ステレオ・タイプな表現”をどう脱するか
「ももクロ vs KISS」が見せた“捨て身アイドル”の真髄 市川哲史がドーム公演を振り返る(ももクロ目線ver)
KISSが日本の音楽に与えた影響とは? 市川哲史が「ももクロ vs KISS公演」を振り返る(KISS目線ver)
4人の論客が予測する、2015年のアイドル楽曲とシーン「作り手にはまだまだ頑張ってほしい」
嵐はテレビの中でどう歳を重ねていく? 青井サンマが正月の特番ラッシュを振り返る
ももクロ×KISS、“夢のコラボ”実現の背景は? アイドルとメタル/ハードロックの相性を検証
エビ中、SUPER☆GiRLS、TPD……中規模アイドルグループの可能性を分析
アイドルグループは5人組と6人組、どっちが良い? 両編成のメリットを分析
チームしゃちほこ、デビュー1年で武道館達成 ローカル・アイドルが一気に人気を得た理由とは
加藤和彦の“美学”が行き届いた名作『バハマ・ベルリン・パリ〜ヨーロッパ3部作』を聴く
椎名林檎『Mステ』でW杯応援歌熱唱&選手にエール 「この逆境で強いところを見せて頂きたい」
ピエール中野(凛として時雨)の初ソロに豪華ゲスト参加 ドラマー20人とのセッションも
“アーティスト”から“パフォーマンス”へ さやわかが「一〇年代音楽」のモード転換を語る
AKB48、ももクロも出演 「氣志團万博」はなぜ規模拡大を続けるのか?
黒夢、ももクロ、加藤ミリヤらも出演決定...『イナズマロック フェス』第2弾出演アーティスト発表
ももクロ×中島みゆき『泣いてもいいんだよ』の歌詞はなぜ刺さる? 瀬尾アレンジが示す“歌の本質”とは
チームしゃちほこ、涙の全力ライブ アイドルの聖地「中野サンプラザ」を熱狂の渦に
チームしゃちほこ、企業コラボ着々 8月武道館公演でトップアイドルへ
嵐、大学講義の題材に ジャニーズの文化的側面を研究する意義とは
ザ・ピーナッツからBABYMETALまで……11人の論者がアイドル楽曲の43年史を語る
アイドルのあり方はどう変化してきたか気鋭の論者が43年分の名曲群から読み解く
いまアイドルをどう語るべきか 必読の書『アイドル楽曲ディスクガイド』執筆者座談会
大人AKB、ももクロ×北川景子、モー娘。×森三中…アイドルが「大人の女性」とコラボする理由
E-girls、YMO名曲「RYDEEN」カバーの狙いは? 新アルバムから読み解く“攻め”のスタイル
「ソロアイドルの時代」の幕開けか? 武藤彩未、遠藤舞らが輝きはじめたワケ
実は男性読者向けだった!? 『anan』のアイドル特集号を読む
ももクロ『いいとも』で田中将大の秘話明かす「ライブで恥ずかしそうにサイリウムを振ってる」
成熟期を迎えた「JPOPラップ」 スパイス的扱いからクオリティ重視へ
ももクロ新曲に鎮座DOPENESSら参加 ヒップホップ界の鬼才を起用した意味とは?
ももクロ、中川翔子、小西康陽……「セーラームーン」トリビュートに豪華メンツが集った理由
AKB48、ももクロ、ジャニーズ……2014年、新成人となったアイドル・ミュージシャンまとめ
ラルク、ももクロ、AKB48も……国立競技場でライブ公演が増えた理由
AKB48、東京女子流、Especia……2014年、洗練化するアイドル楽曲の行方
今、ボカロやアイドルをどう語るべきか 音楽ジャーナリスト3人が2013年のシーンを振り返る
ももクロ、モー娘。、NMB48も……JPOPを席巻する「EDM」はどこまで広がる?
2013年のアイドル総決算 「千年にひとりの逸材」は橋本環奈よりも平祐奈だ!?
剛力彩芽、前田敦子、乃木坂46……女性に好かれるアイドル、嫌われるアイドルの違い
ももクロ高城は「ポスト黒柳徹子」!? 手相芸人、島田秀平が占うメンバーの未来
アイドルの自己紹介はなぜ長い? 「キャラのカスタマイズ」の視点で読み解く
嵐ツアーのチケット争奪戦に心配の声……解決の鍵は“価格の弾力化”にあり?
ももクロ玉井『食わず嫌い』でマー君に失言!? 「スポーツニュースでムスってしてる」
アイドルファンと声優ファンはなぜ衝突? 溝を埋めるカギはあるのか
アイドル界の主流は「グループ」から「ソロ」へ!? 飛躍間近のスター候補たち
復活エレカシが木村拓哉と共演 名曲『今宵の月のように』を高らかに歌い上げる
乃木坂46が新センター堀未央奈で快進撃持ち味の”演劇性”はAKB48の“リアル性”を超える?
マー君、ももクロ高城を自宅に誘う? 『僕らの音楽』で明かした赤裸々エピソード
ももクロ、33分間ノンストップトークであわや喧嘩? 百田がメンバーに内緒にしていたことは
ももクロ、エビ中に続くのは? スターダストのアイドル戦略を徹底分析
今年の紅白はアイドルに冷淡? 初出演NMB48が、HKT48や乃木坂46らに先んじたワケ
「紅白」にバンド枠はいくつある? 過去20年分の出演者から検証してみた
ももいろクローバーZ、高城・有安が大人検定で珍解答連発 2人が考える“大人への近道”とは?
玉置浩二の28年ぶりチャート1位の「原動力」は? ドラマきっかけの復活トレンド続く
玉置浩二の28年ぶりチャート1位の「原動力」は? ドラマきっかけの復活トレンド続く
ヒャダインが語る「地下アイドルの強み」とは? カワユシ♥デビュー曲の“新奇性”に迫る
AKB48と“大当たり”は相性抜群!? アイドルのパチンコ台が増加している背景事情
AKB48とマイリー・サイラス――日本と海外のアイドルは何が違うのか?
音楽界のネタ提供王!? T.M.Revolution西川貴教の発言が注目されるワケ
ももクロ新曲『GOUNN』の“王道路線”を専門家が分析 カップリングにはサプライズあり!?
SEKAI NO OWARI単独フェスは6万人動員 ライブの“テーマパーク”化が進むワケ
AKB48、ももクロの楽曲ポイントを亀田誠治が解説 J-POPの新潮流“シークレット転調”とは?
ももクロのセーラームーン舞台生出演で観客席がカオスに モノノフと原作ファンが火花散らす!?
世間のAKB48離れを食い止めろ! 大島優子、指原莉乃らの“重役ユニット”Not yetへの指命
ホルモン、泥だらけの熱狂ライブ! 『氣志團万博2013』2日目、大雨に見舞われ地面が田んぼ状態に
「顧客対応は大企業よりも優秀」サービス業化する地下アイドルが日本社会を変える!?
ももクロとは笑いであり、戦いである――美学者が指摘するその多面的構造
ライブはまさに偶像崇拝 ももクロはいかにして「宗教」となったか
ももクロの次のテーマは「解散」!? 頂点をきわめたグループの行方を占う
B-BOYは困惑中!? LinQメンバーが、ヒップホップイベント「B-BOY PARK」に出演決定
ウィンナーが高城の顔のように...本日発売、ファミマの
ももいろクローバーZの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版