>  >  >  > Missing Persons

Missing Persons

(ミッシング・パーソンズ)

エレクトロ・ポップの代表的グループの一つとして有名な彼ら。デイル・ボジオ(vo)の斬新で奇抜なファッションとヴォーカルが注目されることも多かったわけだが、何よりもフランク・ザッパのバックを務めていたパトリック・オハーン(b)やテリー・ボジオ(ds)といった技巧派達が繰り出す、ハイテクニックでいて一風変わったポップなメロディーが抜群で今もなお多くの支持を得ている。そんな彼らの82年にリリースされた1stアルバム『SPRING SESSION M』は、バンドの代表作にしてエレクトロ・ポップの名盤と呼ぶにふさわしい作品として今も評価が高い。続く、84年には2ndアルバム『RHYME & REASONを』をリリース、内容はより洗練されたモダンでメロディアスなサウンドとなり、1stよりも好きというファンも多くいる。そして、プロデューサーにシックのバーナード・エドワースを迎え、86年『COLOR IN YOUR LIFE』を完成させるのだが、ボジオ夫妻の離婚問題もあり、結果的に彼らの最後のスタジオ作品となってしまう。01年には、オリジナル・メンバーで再結成されライブ・ツアーを行いファンを喜ばせたことは記憶に新しいだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版