>  >  >  > 上松美香

上松美香

(アゲマツミカ)

日本では珍しいアルパ奏者。アルパとは、竪琴ハープのこと。スペイン人によってラテンアメリカへ持ち込まれたアルパは、各国で独自の発展を遂げ、各地固有の奏法が定着している。特にパラグアイはアルパの本場として有名であり、上松も留学先にこの地を選んでいる。
その演奏は、優美できらびやかな音色をもち、また彼女の性格そのままの無垢な表現が魅力。レパートリーも中南米のオリジナル曲をはじめ、日本の名歌/弦楽四重奏との共演/レゲエテイストなアレンジ/自身の作曲——など幅広く、日本ではまだ珍しい存在であるアルパの魅力を知らしめてくれる希少な存在と言えるだろう。

上松美香の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版