>  >  >  > Memphis Bleek

Memphis Bleek

(メンフィス・ブリーク)

ジェイ・Zに見出されたN.Y.はブルックリン出身のラッパー、メンフィス・ブリーク。05年現在、ジェイ・Zがソロ名義での楽曲制作を自粛しているので(引退するならするでハッキリしろ)、その後釜候補No.1と目される男である。
とはいえ、近年ヒップホップの女神はN.Y.ではなくサウスやウェストにばかり微笑んでいるようであり、正直N.Y.ヒップホップは専らギャングスタ系ドレー/エミネム属の50セントや、ポップ系巨漢属のファット・ジョー(もといテラー・スクワッド)のセールスを頼りにしている状態である。頼みのジェイ・Zだってサウス・ラッパーのT.I.に「オレの次はオマエだ」って断言したそうだ……。つまり筆者が言いたいのは、メンフィス・ブリークにはカリスマ性が足りない、ということ(なのか?)。
ジェイ・Zとデーモン・ダッシュが引っ張ってきたロッカフェラが空中分解した現在でも、ジェイ・Zとメンフィス・ブリークの師弟関係は継続しているという。だが、それをチャンスとして、もはやジェイ・Zという虎の威を断ち切ってしまった方がいいのかもしれない。このままだとメンフィス・ブリークは、パッとしないままゲームからフェード・アウトしてしまう可能性もある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版