>  >  >  > Melle Mel

Melle Mel

(メリー・メル)

生粋のニューヨーカーにして生粋のコンシャス人間にして生粋のオールドスクーラー、それが(グランドマスター・)メリー・メルだ。オールドスクール期における指折りの重要グループ=フューリアス・ファイヴ(実弟キッド・クレオールや、“ヒップホップ”を初めて“ヒップホップ”と名づけたらしい故カウボーイも在籍)の創立メンバーでもある彼。かつてはグランドマスター・フラッシュがハンドリングする、つまりはグランドマスター・フラッシュ&ザ・フューリアス・ファイヴとしての活動し立ち居地を固め、「スーパーラッピン」「メッセージ」「ニュー・ヨーク・ニュー・ヨーク」を始めとする数多のクラシック・ソングを生み落とした。
80年代、それは彼のソロ・キャリアがもっとも輝いていた時代である。頭に“グランドマスター”を冠したメリー・メルは、グランドマスター・メリー・メル&ザ・フューリアス・ファイヴ名義で何枚かのアルバムを発表。さらにグラミーを受賞したシャカ・カーン曲「アイ・フィール・フォー・ユー」(84年)にも客演し、また「オールドスクール・ヒップホップ(ブレイクダンス)映画クラシック!」なぞと謳われる『ビート・ストリート』のドラフト(&主題歌)を担当したりと、目を見張るような活動を繰り広げた。
90年代以降は細々と活動(スコーピオとのデュオで97年には『ライト・ナウ』も発表したが)。00年以降も、ダイ・ハードなんていうラップ・デュオを結成して『オン・ロック』もリリースしたが、さした話題にもならなかったように思う。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版