>  >  >  > 美山夏蓉子

美山夏蓉子

(ミヤマカヨコ)

ツイに来た! 本格的な日本人女性ジャズ・ヴォーカリストが! エラ・フィッツジェラルドを彷彿とさせるグロウなヴォイスから、サラ・ヴォーンを匂わせる深みのある歌声までを見事に使いわけ、うすっぺらい歌心ではなく心の深淵までを感じさせるヴォーカリストが日本にも登場! これまでアルバムを発表してなかったのが不思議なくらいだ。いや、その実がシッカリ熟成するまで、あえて待ったのかもしれない……。
早稲田大学在学中にヴォーカリストとして芽吹き、マーサ三宅に勧められてライヴ・ハウスを中心にプロ活動を開始。グループ全体をフレキシブル/クリエイティヴに進化させるジャズ・シンガーとして活躍する。81年にエラ・フィッツジェラルド/カーメン・マクレエなどの歌伴奏で有名なドン・アブニー(p)に絶賛され、その翌年には、ケニー・バロン(p)との共演も果たした。
——そして、渡米。ここでの本場アーティストとの交流が、彼女のステージをアップさせた。それまではいわゆるスタンダード曲を上手に歌うアーティストだったが、マイルス・デイヴィス/ハービー・ハンコックの曲に自ら詞をつけて歌ったり、ノーマン・シモンズらに絶賛されるほどのオリジナル曲をかいたりと、意欲的に創作活動をはじめる。そして、アルバム『ベストリガ—ズ』がその大輪の花を咲かせるに至ったのだ。レコーディング・メンバーにもプロデュースを務めるアキラ・タナ(dr、per)をはじめ、ルーファス・リード(b)、マーク・ターナー(sax)など旬なアーティストを擁している。
持ち前の研究熱心な性格に加え、体力/努力/根性?をフルに活かし、実力で評価を勝ち取ってきた彼女。これからの日本ジャズ・シーンを塗り替えていくかもしれない人物として要チェキだ。

美山夏蓉子の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版