>  >  >  > Meat Beat Manifesto

Meat Beat Manifesto

(ミート・ビート・マニフェスト)

ケミカル・ブラザーズやプロディジーが成し遂げた数々の功績——ロックとテクノの融合、サンプリング・ミュージックの可能性の拡大、ロック・リスナーをエレクトロ・ミュージックへ誘発などなど……は、このミート・ビート・マニフェストというユニットから端を発しているといっても過言ではない。
87年、ジャック・デンジャーズが中心となりMBMは結成された。彼らの音楽は、それまで無機質なビート一辺倒だったダンス・シーンに、バンド・サウンドというオーガニック爆弾を投下し、ヒップ・ホップ経由のサンプリング地雷をじゃんじゃん配置。生音の感触を強めれば強めるほど、その攻撃力がアップすることを世に知らしめ、ダンスとロックの融合を果たす。また、ナイン・インチ・ネイルズとの交流からインダストリアル・シーンにもブレイク・ビーツの要素を頒布。あらゆる音楽シーンに革命をもたらした。———おそらく、彼らがいなかったらデジタル・ロックやビッグ・ビーツといったシーンは生まれなかっただろうし、それは多くのミュージシャンが公言してはばからないことからも明らかである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版