>  >  >  > 千昌夫

千昌夫

(センマサオ)

ドメスティック・ソウルの巨匠、千昌夫。バブル期、不動産王として鳴らした千昌夫。そして今や平成の借金王、千昌夫。金髪フェチの千昌夫。ホクロがキュートな千昌夫。ホクロ・レスの千昌夫(除去したらしい)。その魅力は無限大だ。
「星影のワルツ」、「北国の春」、「味噌汁の詩」と数多くの大ヒット曲、いや国民的愛唱歌を有する。そのディープで味わい深く、郷愁と愛情に満ちた情景に、どれほど多くの「おとん・おかん」が号泣したことだろうか。ネクスト・ジェネレーションに受け継ぐべき、にっぽんを象徴するシンガーだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版