>  >  >  > Martin Taylor

Martin Taylor

(マーティン・テイラー)

“ギタリストのギタリスト”と評されるマーティン・テイラー(56年生まれ)。天性の音楽センスをもち、あらゆるジャンルの音楽をそれぞれに適したスタイルで演奏することができる稀有なアーティストである。メロディ、ベース・ライン、コードを同時に弾きこなし、スウィンギーなインプロヴィゼーションも決めてしまう超絶技法は、他のギタリストの追随を許さない。
4歳でギターを始め、8歳になる頃にはプロとしてプレイを披露。68年までに、ソニー・ディーやレニー・ヘイスティングスらの人気バンドと共演を果たす。70年代はスウィング・バンドとのセッションを繰り返し、カウント・ベイシーやバーニー・ケッセルとも同じステージで演奏するチャンスを得た。
78年には、ピーター・インド(b)とのデュオで、1stアルバム『Taylor Made』を<Wave Records>よりリリース。翌年から、ジャンゴ・ラインハルトやジョー・パスとの共演経験もあるヴァイオリニスト、ステファン・グラッペリのツアー・メンバーとなり、これがきっかけでテイラーの才能は多くの観客に認められることとなった。また、同時期にはイギリスでソロ活動にも力を入れ始めつつ、トゥーツ・シールマンス、バディ・デ・フランコ、チェット・アトキンス、ポリーニョ・ダ・コスタのレコーディングにも参加。ギタートリオ、”グレート・ギターズ”でハーブ・エリスの代わりも務め、チャーリー・バード、バーニー・ケッセルと共演する。
90年からはソロでツアーをまわり、オーストラリア/香港/イスラエルではそのコンサートの模様がテレビでも放映された。<Linn Records>より多くのアルバムを発表しておりイギリスでの人気も高く、90年代後半にはフリーダム・オヴ・ザ・シティ・オブ・ロンドンより表彰を受けている。
現在は<Sony UK>に移籍し、メジャー・シーンで旺盛に活動を続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版