>  >  >  > Mark Bell

Mark Bell

(マーク・ベル)

LFOのメンバーだったことで知られるマーク・ベルは、97年にビョークのアルバム『ホモジェニック』でプロデューサーとして手腕を奮い、知名度を上げた。また、アンダーグラウンド・テクノ・シーンにおいては、Clark、Speed Jack、Fawn、Counterpointといった変名を巧みに使い分けて活動を展開。フロア志向のエクスペリメンタルなミニマル・トラックを連発し、DJたちから重宝がられている。ハード・エッジの突き抜けたビートがたまらん。さすが、兄さん!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版