>  >  >  > Mario Bauzaの情報

Mario Bauzaの情報

(マリオ・バウザ)

トランペッター/サックス奏者/音楽監督として活躍、ラテン・ジャズの基礎を築き、“アフロ・キューバン”という言葉を作った張本人がマリオ・バウサだ。
11年にハバナで生まれ、30年にN.Y.へ移住した彼は、N.Y.サルサの創始者と賞賛されるマチートの楽団に在籍。卓越したアレンジ・センスで“魔術師”の異名をとる。長らく楽団のブレーンとして活動した後、76年に自己のビッグ・バンドを結成した。総勢18人によって繰り出すパーカッシヴなド迫力サウンドは、とにかく圧巻!! ギュッと詰めた音圧で、極彩色といえるほど派手な輝きを放っている。マンボをレパートリーの中心に、ニューヨーク中を踊らせ、約50年間も第一線で活躍し続けた熱き男だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版