>  >  >  > Marine Girls

Marine Girls

(マリン・ガールズ)

マリン・ガールズは80年代初期パンク/ニューウェイヴ・シーンに爽やかなボサ・ジャズ、ギター・ポップの息吹きをもたらした。トレーシー・ソーンがこのユニットでの経験を経て、後にエヴリシング・バット・ザ・ガールとしてデビューしたのはご存知の通り。ヤシの実の殻を打ち合わせたようなパーカッションの音といい、彼女たちの音楽は良く言えば素朴(悪く言えばヘタ)で、とてもチャーミングである。そして、マリン・ガールズの曲を聴いていると、誰もいない浜辺を友達と散歩したり、焚き火を囲んで一緒に歌ったりしているような気分になってしまうのは何故だろう。彼女たちが残した2枚のアルバムはマリン・ガールズの世界をさらに発展させたEBTGや、フォロワーとしてセイント・エティエンヌ、ベル・アンド・セバスチャンらが出現した今もノスタルジックかつ十分に刺激的なものだ。初めて聴いても「懐かしい!」と感じさせる音がそこにある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版