>  >  >  > Marc Ribot

Marc Ribot

(マーク・リーボー)

マーク・リーボーは54年、ニュージャージー州ニューアークに生まれた。
10代の頃にハイチ人ギタリスト、フランツ・カセウスに師事しながらあらゆるガレージ・バンドでギタリストとして参加。78年にはニューヨーク行きを決心し、ジャズ・オルガン奏者のジャック・マクダフや伝説のソウル・シンガー、ウィルソン・ピケットといったミュージシャンと活動する幸運に恵まれた。さらにリアルトーンズやザ・アップタウン・ホーンズ・バンドにも参加し、この時代に多くのソウル系ミュージシャンと活動している。
84年より、ジョン・ルーリーの革新的ダウンタウン・ジャズ・アンサンブル、ラウンジ・リザーズのメンバーとして5年間活動。その古典的ブルースの要素と革新シニカル唯美主義の要素をブレンドした彼のギター・スタイルは、他の一癖ある多くのミュージシャンたちの関心を引くこととなり、エルヴィス・コステロ/マリアンヌ・フェイスフル/トム・ウェイツといったアーティストのアルバムに参加している。
他にもアート・リンゼイ/ドン・バイロン/アンソニー・コールマン/ジョン・ゾーンといったアーティストたちとコラボレートしながら、常に変化していくニューヨークのミュージック・シーンを模索し続けている。
また、自ら作詞/作曲も手がけ、自分のバンドを起用しながらアルバムをリリース。ここ数年はアンソニー・コールマンらを迎えた”にせキューバ人”なるバンドと、アルセニオ・ロドリゲスを中心とする「キューバ音楽自分的新解釈アルバム」を2枚リリースし、世界中をツアーしている。01年最新情報では、サム・フィリップスのアルバムに全面参加、さらに”にせキューバ人”との3rdアルバムもリリース予定——とのこと。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版