>  >  >  > Man Parrish

Man Parrish

(マン・パリッシュ)

83年発表の『Hip Hop Be Bop (Don’t Stop)』は、90年代後期に巻き起こったエレクトロ・リヴァイヴァルに止めを刺した。マン・パリッシュは、クラフトワーク/アフリカ・バンバータ/サイボトロンなどと共に、エレクトロの頂上を制した偉大なる予言者だと皆が認識したのである。80年代初期に構築された、簡素だが完璧としか言いようがないシンプルでファンキーなマシン・ビートは、未だに色褪せることなく、どんなハイテク機材で作り込まれたドラムンベースやブレイクビーツよりもクラウドを熱狂させる。執拗に繰り返されるヴォコーダー・ヴォイス、ビートの隙間から溢れ出るグルーヴの洪水、宇宙礼讃。ヒップホップ/テクノのルーツとして、マン・パリはこれからも崇拝され続けることを、Bボーイ/テクノ・ヘッズを志す君は知っておかなければならない。
——食費を浮かせてレコードを日夜買い続け、ガリガリに痩せた僕らは高らかに宣言する。——「ぜい肉ナシのスカスカ・ビートは永久に不滅どうぇっす!」

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版