>  >  >  > Main Source

Main Source

(メイン・ソース)

ラージ・プロフェッサー、K・カット、サー・スクラッチによって結成されたメイン・ソースは、91年のデビュー・アルバム『ブレイキング・アトムス』において、ラップの歴史の流れを大きく変えた。複雑な内容を語る知的なリリックと、脳を刺激するほどタイトなトラック。そのアルバムからは、「ルッキング・アット・ザ・フロント・ドア」や「ジャスト・ア・フレンドリー・ゲーム・オブ・ベースボール」といった幾つものヒップホップ・クラシックが生まれた。そして、なによりも特筆すべき曲は、テンションの高いポッセ・カット「ライブ・アット・ザ・バーベキュー」だろう。当時、まだ若かったナスティ・ナズ(後にナズに変名)を世界に広めた名曲である。グループ内での衝突によりオリジナル・メンバーから脱退したラージ・プロフェッサーは、その後もピート・ロック&C.L.スムースやア・トライブ・コールド・クエスト、アキネリ、モブ・ディープらをプロデュースし、多くのヒット曲を生んできた。そして02年には自身初ソロ・アルバム『1stクラス』もドロップした。
そのラージ・プロフェッサーという要を失ったあとも、K・カット、サー・スクラッチは新たにマイキー・Dをメンバーに加えてメイン・ソースを存続させた。94年に『ファック・ホワット・ユー・シンク』をリリースするも大きな反響を得るには至らず、間もなくメイン・ソースの短い歴史に幕が降りた。
なんと言っても、メイン・ソースの『ブレイキング・アトムス』は、色褪せない傑作(マスターピース)/名盤(クラシック)として未来永劫、語り続けられるだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版