>  >  >  > M.O.P.

M.O.P.

(エム・オー・ピー)

漢(おとこ)たちの、漢たちによる、漢たちのためのヒップホップを披露するハードコアまっしぐら野郎M.O.P.(リル・フェイムとビリー・ダンズニー)。94年のデビュー・アルバム『トゥ・ザ・デス』(デビュー・シングル「ハウ・アバウト・サム・ハードコア」を含む)から00年発表の『ウォーリアーズ』(キャリア最大のヒット曲「アンテ・アップ」を含む)にいたるまで、すべての作品で見せる彼らのスタイルは首尾一貫したものだ。——ハードコア。
そんなM.O.P.の荒々しいラップと血わき肉踊るようなラギッドなトラックが、ガッチリ握手をかわし見事な一体感を生み出している。また、“たぎる系”“ほとばしる系”のハード・ライミングは、暑苦しさ&むさくるしさを充満させるが、ふたりの魅力はまさにそこに集約されていると言えよう。男性ホルモンを体中から噴出させているような雰囲気に、硬派リスナー諸君は惜しげもなくアツいエールを送るのである。
また、彼らはその後、ジェイ・Zとデーモン・ダッシュ率いる<ROC-A-FELLA>に三顧の礼をもって招き入れられる。しかし、ジェイ・Zの多忙やラッパー活動の引退(?)、レーベルの空中分解状態もあってか、新作の発売の噂は耳にしない。そのことに不満を覚えたM.O.P.はマルクスメン名義の事実上新作『マルクスメン・シネマ』(94年)やマッシュ・アウト・ポッセ(M.O.P.の正式名称)名義のハードロックにマッシュ・アウトした「マッシュ・アウト・ポッセ」(94年)を<ROC-A-FELLA>の庇護なしに発表、話題を呼んだ(つまり権利の関係上“M.O.P.”という名前は使えないのだ)。しかし待たれているのはM.O.P.名義での正真正銘の新作だ。<ROC-A-FELLA>が空中分解してしまった05年現在、その行方が気になるところ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版