>  >  >  > 土岐麻子

土岐麻子

(トキアサコ)

1976年3月22日生まれ、東京都出身。97年にCymbalsのリード・シンガーとしてデビュー。5枚のアルバムと8枚のシングルをリリースし、04年1月に惜しまれつつ解散。同年2月、サックス奏者である父・土岐英史との共同プロデュース・アルバム『STANDARDS〜土岐麻子ジャズを歌う〜』でソロ・デビュー。11月に発売された第2弾カヴァー・アルバム『STANDARDS on the sofa〜土岐麻子ジャズを歌う〜』では、マイケル・ジャクソンからローリング・ストーンズまで、ジャズ・アレンジによる異色のカヴァーが話題となった。

05年9月には1stオリジナル・アルバム『Debut』リリース。その非常に高いクオリティと土岐麻子の“声”で等身大の魅力を眩いばかりにアピールし、各方面で高い評価を得て大きな反響を呼ぶ。そして07年11月、<rhythm zone>移籍第1弾アルバム『TALKIN’』でメジャー・デビュー。08年6月には、真心ブラザーズや松田聖子、マドンナなどの名曲を“土岐流シティ・ポップ”でカヴァーした企画ミニ・アルバム『Summerin’』を発表。

09年1月には本人出演が話題となったユニクロ『メリノウール』CMソング「How Beautiful」をはじめ、話題のタイアップ曲を収録したメジャー3rdアルバム『touch』をリリース。川口大輔、奥田健介(NONA REEVES)を共同プロデューサーに迎え、土岐麻子の歌声を120%開花させたヴォーカル・アルバムが生まれた。音楽活動以外にも過去50社にも及ぶ企業CMの歌唱やナレーションを担当するなど、個性豊かなその声には高い注目が集まっている。浮遊感のある声質、その独特の歌唱はCM界でも引く手あまたである。

土岐麻子の記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版