>  >  >  > Lords of the Underground

Lords of the Underground

(ローズ・オブ・ジ・アンダーグラウンド)

御大マーリー・マールと、彼の門下生であるK・デフのバックアップを受け、93年にアルバム『ヒア・カムズ・ザ・ローズ』でデビューした、2MC+1DJスタイルのラップ・グループ。ハイトーン・ヴォイスとファット・ヴォイスのコンビネーションから炸裂されるハズむようなラッピンが、彼らが持つもっともインパクトのある特徴である。さらに、ファンキーなブレイクビーツから生み出される黒光りするロウなトラック群も、特筆すべき彼らのポイントだろう。ローズ・オブ・ジ・アンダーグラウンドが90年代前半に多大なポピュラリティを獲得できたのは、それらの他を圧倒する特長に裏づけられてのことに違いない。
翌94年、その音楽性においてほぼ同路線を辿る2nd『キーパー・オブ・ザ・ファンク』を発表。しかしこのアルバムをリリースした後、グループはほぼ解散状態に。だが、99年にリユニオン・アルバムたる3rd『リザレクション』をリリース。この作品にマーリー・マールとK・デフは一切関与しておらず、メンバーのロード・ジャズがトータル的にプロデュースを担当。ダークなテイストのトラックを中心になかなかのクオリティは保持していたものの、大きな話題には結びつかず、残念ながらセールス面での成果は得られなかった。それ以降、05年現在において、彼らの消息はまったく不明だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版