>  >  >  > Lootpack

Lootpack

(ルートパック)

アンダーグラウンド・ヒップホップというカテゴリーのなかで、実験的性格を標榜するサウンド群(もちろんそこには大衆性や素地となる技量が不可欠だ)を創出し、アンダーグラウンド・シーンの“カリスマ”や“アイコン”と呼ばれるまでにいたったマッドリブ。その斬新なサウンド群から「西のマッドリブ、東のイードン」とも呼ばれている(ホントは筆者だけが言っていることなのだが)。そんなマッドリブが高校時代の朋友たちとかつて結成していたグループが、このルートパックである。
メンバーはマッドリブを筆頭に、ワイルドチャイルド(MC)、DJロームズ(DJ)、そして初期にのみ在籍していたカンキック(MC/トラック・メイカー)で、彼らは地元の雄アルカホリックス(現リックス)から好意的なフックアップを受けて、(主にプロデュース・グループとして)ウェッサイ・アンダーグラウンドで徐々にその名前を知られていく。その後、放ったデビュー・アルバム『サウンドピースズ:ダ・アンティドート!』(99年)は、商業マーケットを完全に無視したような実にハードコア(ナードコア)的な出来である。主観だが、彼らの登場はギャング・スターやフリースタイル・フェローシップのそれを想起させるものだった。猥雑にチョップされたネタをファットなビート上でループさせたトラックは、聴き込むほどクセになる中毒性の高いナンバー群である。
05年現在、事実上解散状態にあるルートパックの再結成話は時たま噂になるが、その『サウンドピースズ:ダ・アンティドート!』以降、新しい作品はリリースされていない(アウトテイク集『ロスト・テープス』は04年に発表済)。早く2ndを!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版