>  >  >  > Little Louie Vega

Little Louie Vega

(リトル・ルイ・ヴェガ)

ラテン界の大御所ティト・プエンテの甥にあたるリトル・ルイ・ヴェガ。幼少期から育んだ華麗なるキーボード・ワークと幅広い音楽趣向で、ケニー・ドープ・ゴンザレスとのメイン・プロジェクトであるマスターズ・アット・ワークを支えてきた。常に実験精神が息づくハイ・クオリティ・サウンドは、テクノ・フィーリング溢れるトラックから生楽器をフィーチャーしたものまでと幅広い。また、ブレイク・ビーツを逸早く取り入れるなど、ハウスのクロスオーヴァー化を促進した。
ジョージ・ベンソン/ロイ・エアーズといった大物をゲストに迎えたプロジェクト、ニューヨリカン・ソウルも大成功を収める。自らのレーベル<MAW>を運営し、Kenlou、Hardlive名義でも活躍。最近はアフロ/ブラジリアンの要素を盛り込んだプロデュース・ワークを繰り広げている。
ラテン/ジャズ/ソウル/ヒップホップなど、さまざまなジャンルとの融合によりハウスをポップ・フィールドにまで押し上げ、前進させた功績はあまりに大きい。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版