>  >  >  > Lena Parkの情報

Lena Parkの情報

(リナ・パーク)

韓国系アメリカ人女性歌手のリナ・パークは、一部では“韓国の宇多田ヒカル”とも呼ばれている実力派ヴォーカリストである。幼い頃から父の教会でコーラスを歌っていた彼女は、その音楽的バックボーンにゴスペルの影響が色濃い。
デビュー・アルバム『Piece』(98年)は韓国国内で50万枚もの売り上げを記録。02年の日韓共同開催サッカーワールドカップでは、Brown Eyesと共に韓国代表シンガーに選ばれ、開会式と閉幕式でその歌声を披露した。また、日本側の代表シンガーだったCHEMISTRY、Soweluと共にVoices of KOREA/JAPANとして「Let's get together now」を歌っている。03年に今井了介が発足させた音楽プロジェクト、VOICE OF LOVE POSSEへの参加を経て、04年には胡弓奏者のチェン・ミンの楽曲を元にしたシングル「FALL IN LOVE」で満を持して日本デビュー。充実した歌唱力に加え、例えばセリーヌ・ディオンなどを想起させる、ハイトーン・クリア・ヴォイスが彼女の最大の魅力である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版