>  >  >  > Leftover Salmon

Leftover Salmon

(レフトオーヴァー・サーモン)

自分たちの音楽を”ポリエスティック・ケイジャン・スラムグラス”と称するブルーグラス系ジャム・バンド。とはいっても、そのサウンドからはスカ/テックス・メックス/ラテン/ファンクなど、さまざまな要素が聴こえてくる。でも、これって屋台骨がしっかりしてないとできないこと。5人のメンバーそれぞれが高いプレイヤビリティを誇り、ぶっといグルーヴを育む。
デビューは93年。そこからライヴ盤を挟んで97年の『Euphoria』まで、プログレッシヴなブルーグラスを展開するが、99年の『The Nashville Sessions』ではナッシュヴィル詣を敢行。曲ごとにタジ・マハール/ベラ・フラック/ジェリー・ダグラス/ルシンダ・ウィリアムス/ウェイロン・ジェニングス/アール・スクラッグスらと共演し、ルーツに敬意を表しつつ新境地を開拓することに成功した。
ファンの間ではテープ・トレードも盛んらしい。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版