>  >  >  > Lee “Scratch” Perry

Lee “Scratch” Perry

(リー・スクラッチ・ペリー)

60年代からレゲエを進化させ続けてきたリー・ペリー。たとえ誰かが、結果的に彼と同じようなテイストに辿り着いたとしても、リー・ペリーほどのエキセントリックさを持った魅力あふれる音楽をクリエイトできる者はいない。マックス・ロメオ、ジュニア・マーヴィン、ドクター・アリマンタドー、ボブ・マーリィらのアーティストがデビュー当時こぞって彼のプロデュースの下、伝説のスタジオ「ブラック・アーク」でレコーディングをした(このスタジオは後に正気を失った彼自身が火事で全焼させてしまうのだが)。『ブラックボード・ジャングル』『スーパー・エイプ』などのソロ・アルバムでリー・ペリーは、ドラムンベースの元祖ともいえるようなトラックをピコピコ音やエコー、旧式のシンセの音などでメチャクチャにいじりまくり、ダブ・サウンドの誕生にひと役買った。彼のヴォーカル、作品、曲作りのスタイルは神秘的かつ影響力にあふれており、その音楽は、自然や食べ物、セックス、ガンジャ(マリファナ)、そしてオカルトまでもを聴覚的に描写する。リー・ペリーの音楽はガンジャと一緒。トリップしすぎるので、吸い過ぎには要注意だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版