>  >  >  > LAUGHIN’NOSE

LAUGHIN’NOSE

(ラフィン・ノーズ)

81年、大阪で結成されたLAUGHIN’NOSEは、自らが主宰する<AAレコード>から「ゲット・ザ・グローリー」を投下。汚い/うるさい/怖い、と三拍子そろったディスチャージ流れのハードコアでシーンを激震させた。そして、チャーミー(vo)/PON(b)/ナオキ(g)/マル(dr)の最強ラインナップとなった後の84年、ハードコア一本槍の音楽性にポップ感を加えた名曲「I can’t trust a woman」を生み出す。まさに、このナンバーこそ、90年代以降のロック・シーンを席捲するメロコア(メロディックなハードコアってなんのこっちゃい!)の先駆けといっても過言ではなかろう。85年、メジャー進出。さらにキャッチーなテイストを増幅させ、大きな支持を獲得する。しかし、チャーミーを除くメンバーが次々と脱退(PONとナオキはコブラ結成へ)。活動を続けるものの、バンドとしての精彩を欠いていき……91年解散となる。
だが、時を経て94年、チャーミーとPONを主軸に復活を果たす。常に時代に敏感な彼らは、ロックンロール色を強めたスピード・ハードコア・チューンを呈示。キッズたちにジャパニーズ・ハードコア・オリジネーターのパワーをみせつけたのである。
「どないやぁ〜、みんな元気かぁ〜」——21世紀も合言葉は”ゲット・ザ・グローリー”だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版