>  >  >  > La Dusseldorf

La Dusseldorf

(ラ・デュッセルドルフ)

クラフトワーク→ノイ!→ラ・デュッセルドルフ→ラ・ノイ! と、目覚しい変遷を繰り返した奇才クラウス・ディンガー。さらに、プロデューサーとして迎えたのが、テクノの発展に多大な功績を残した超人コニー・プランク。——彼らが活躍した70年代〜80年代初頭は、クラウト・ロックからテクノへと移行したドイツの電子音楽にとって重要な鍵となる黎明期であり、この時点で現代テクノの礎となる全ての要素は形成されたのだ。ディンガーは、かつて在籍していたクラフトワークに反してコンピュータ至上主義を嫌い、あくまで人力による反復ビートを追求。だが、ここには機械を超越した肉体のトランス感が宿っている。そして、何よりも楽天的でアホっぽい。
クラフトワーク、ノイ! に隠蔽された覚醒遺伝子操作の実態がここで明らかに!

La Dusseldorfの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版