>  >  >  > 氷室京介の情報

氷室京介の情報

(ヒムロキョウスケ)

キング・オブ・ビートロックの名をほしいままにするNo.1ロック・ヴォーカリスト。
BOOWYのメンバーとして、82年にデビュー。ナルシスティックなヴォーカル・スタイル、性急なまでのタテのりビート、布袋寅泰による鋭いカッティング・ギターで、日本を代表するロック・バンドとなる。がしかし、人気絶頂の88年に東京ドーム公演を最後に解散。その後すぐさまソロ活動をスタートさせた氷室は、同年、1stアルバム『フラワーズ・フォー・アルジャーノン』を発表する。同名SF小説に触発された、ロマンティシズム漂う詞世界も聴きどころ。バンド時代とはまったく異なるアプローチで、ソロ・アーティスト氷室京介を強烈にアピールした。翌年には、『ネオ・ファッショ』をリリース。政治、戦争、環境、愛……人類や全世界をテーマとした壮大かつディープなコンセプト・アルバムであり、へヴィな作家性と高度なポップ性が同居した傑作アルバムに仕上がった。
90年代に入ってからも、軽々とヒットを連発していくヒムロック。93年発表のアルバム『メモリーズ・オブ・ブルー』は、ポップ性を全面に打ち出した自他共に認める最高傑作で、160万枚ものビッグ・セールスを挙げた。また98年には、約4年ぶりに全国ツアーを敢行、全13公演で21万人動員という記録を樹立している。現在ロサンゼルスに在住。——日本のシーンを俯瞰的に見据えつつ、「アメリカン・ロックのテイスト」と「日本独自のメロディ」の新しい融合を試みている。

氷室京介の記事
岩里祐穂 × 松井五郎が語り合う、作詞の極意 「女性が書く詞には“強さ”がある」
氷室京介、4大ドームツアー『LAST GIGS』全7公演を配信リリース 全35曲MCノーカット
氷室京介、『LAST GIGS』だけではわからなかった真実 “舞台裏”で何が起こっていた?
氷室京介『LAST GIGS』は“感謝のステージ”だったーーふくりゅうの総括レポート
PerfumeはPerfumeとして確固たる位置に居続ける--新作のチャートアクションから考えるグループのブレなさ
氷室京介、『LAST GIGS』東京ドーム公演が今夏WOWOW独占放送決定 4時間に及ぶ特別番組も
氷室京介、ファイナルライブ演奏曲をリクエスト募集 BOØWY時代の楽曲からソロ曲まで
氷室京介、2016年春にファイナルライブ開催へ 演奏曲目はファンからのリクエストで
氷室京介、横浜スタジアムライブ映像リリース 話題を呼んだ「ライブ活動休止」発言も収録
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版