>  >  >  > Kurtis Blow

Kurtis Blow

(カーティス・ブロウ)

問題:ラップ・アーティストの中で一番初めにメジャー契約を交わしたのは誰? ———答:カーティス・ブロウ
70年代後半、<ENJOY!><Sugarhill>といったインディーズ・レーベルが幅をきかせていたオールドスクール・ラップ・シーン。その中にあって、ブロウは80年に<マーキュリー>レコードより「Christmas Rappin’」でデビューを飾る。同年リリースした「The Breaks」はラップ・ナンバー初のミリオンセラーを記録し、不動の人気を獲得。ブロック・パーティで培われた底抜けに明るい、はじけたラップはリスナーを快活な気分にさせた。さらに、ディスコ・サウンドのノリにも近いファンキー・チューンに、どれほどの人がえもいわれぬ恍惚感を味わったことだろう。——しかし、その後、人気は徐々に失速。88年以降、カーティス・ブロウ名義の作品はリリースされていない。
だが90年代後半、「The Breaks」を女性ラップ・グループ、ナダナフがカヴァー、つづいて「If I Rule The World」「Christmas Rappin’」をNAS、デフ・スクワッドといったラッパーたちがサンプルとして使用——彼へのリスペクトは現代においても消えていないことを証明した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版